肩の腱板損傷

  • 肩を動かすと痛い
  • 痛みで腕が上がらない
  • 夜に痛みで眠れない
  • 支えながら持ち上げると、腕が上がる

肩関節のしくみを知ろう!

【腱板損傷とは?】

肩関節の中にある腱板と呼ばれる部分を痛めることで、肩の痛みや腕が上がらなくなる疾患です。

 

【「腱板」って、なに?】

①棘上筋

②棘下筋

③小円筋

④肩甲下筋

 

最も損傷しやすいのは、①棘上筋 です。

 

インナーマッスル(深層筋)と言われる、この4つの筋肉が補強しています。

この4つの筋肉を総称して、回旋筋腱版(かいせんきんけんばん)略して「腱板」と言い、英語ではRotator Cuff(ローテーターカフ)と言います。

 

【構造と役割】

ローテーターカフ(回旋筋腱板)は、棘上筋・棘下筋・小円筋・肩甲下筋で上腕骨頭を囲むように走行しています。

 

特徴的な役割として、

①肩関節の固定力を調整する

②関節内運動をスムーズに行う

肩関節は可動域が広い関節であり、骨性の支持が少なく、靭帯や筋肉などの軟部組織によって安定性を得ています。

おおきな可動域と動きに耐えられる安定性を作り出しているのが、ローテーターカフです。

 

 

腱板損傷と五十肩の違いを知ろう!

【原因】

・同じ動作を繰り返す

・使い過ぎ

・大きな負荷のかけ過ぎ

・加齢による腱板の傷み

 

*特に損傷の多いスポーツ

 野球・テニス・ゴルフ・バレーボール・バスケットボールなど

 

肩を酷使するスポーツやお仕事、長年使い続けてきた腱板が年齢と共に傷み、男性に多く40歳代から増加します。

また、転倒して損傷することもあります。

(お酒の飲み過ぎで酔っ払い転倒し、その時はアルコールで感覚が麻痺しているため痛みを感じなくても、翌日に痛みを感じることは多くあります)

 

【症状】

・夜間痛(夜間帯にズキズキ疼くような痛みで眠れない)

・運動時痛

・筋肉の萎縮

 

【腱板損傷と五十肩の違い】

腱板損傷と五十肩の症状は、とてもよく似ています。

唯一違う症状は、腱板損傷は「痛くない方の手で支えながら持ち上げると、腕をあげることができる」のに対し、五十肩は「どうやっても、腕が上がらない」ことです。

 

◆腱板損傷

・肩の痛みが出る

・痛みで腕が上がらない

・夜に痛みで眠れない

痛くない方の手で支えながら持ち上げると、腕を上げることができる

 

◆五十肩

・肩の痛みが出る

・痛みで腕が上がらない

・夜に痛みで眠れない

どうやっても、腕が上がらない

 

 

~ なぜ、「どうやっても、腕が上がらないの?」~

五十肩は肩と腕の間の関節周辺に負担がかかり、摩擦により炎症が起きます。

炎症が治まると、関節が固まった状態になります。

そのため、痛みを感じなくても、腕が上がらないということです。

 

4つの検査法

①painful arc test [ペインフル アーク テスト](有痛弧症状)

立った状態で痛い方の腕の肘を伸ばしたまま、横から上に上げます。

60゜~ 120゜の間に肩の痛みが出るか、見ます。

*腕を上げる際に、身体が横に倒れないように注意しましょう。

 

 

②drop arm test [ドロップ アーム テスト]

誰かに腕を横から90゜くらいまで支えあげてもらい、その位置で手を離された時に、

そのまま耐える事が出来ずに落ちてしまいます。

 

 

③full can test [フル カン テスト]

座った状態で肘を伸ばしたまま、母指が上を向く肢位の状態で腕を上に上げます。

その時、もう1人が手首付近を上から地面の方へ押します。

固定された力に抵抗して、痛みが出たり、力に抵抗が出来なければ陽性です。

 

 

④empty can test [エンプティ カン テスト]

座った状態で肘を伸ばしたまま、母指が下を向く肢位の状態で腕を上に上げます。

その時、もう1人が手首付近を上から地面の方へ押します。

固定された力に抵抗して、痛みが出たり、力に抵抗が出来なければ陽性です。