外側上顆炎(テニス肘)

  • 雑巾、タオルを絞る
  • 重いに荷物を持ち上げる
  • ドアノブを回すと痛い
  • テニスのバックハンドが痛い
  • 肘の外側に痛みが出る

上腕骨外側上顆炎って何?

上腕骨外側上顆とは、上腕骨の下にある骨の出っ張り部分をいい、その外側が外側上顆です。この外側の出っ張り部分には、手首を持ち上げる筋肉や手指を伸ばす筋肉がついています。具体的には、短撓側手根伸筋や長撓側手根伸筋や総指伸筋などがつき、一番出っ張ってる部分には、短撓側手根伸筋がついています。

上腕骨外側上顆炎とは、上腕骨外側上顆に短撓側手根伸筋がくっついてる場所が炎症を起こし、肘に痛みが生じます。

原因は?なりやすい人は?

外側上顆炎の多くは、30歳代から50歳代です。重量物の運搬手をよく使う人なども理由としてあげられます。男女ともに発症するので男性と女性で発症頻度に大きな差はありませんが、主婦に多く見られ、またテニスとの関連で、女性に多くみられることもあります。
外側上顆炎は、別名「テニス肘」と呼ばれていますが、テニスとは無関係に、家事を含めた労働ゴルフなど重量物運搬などでも発症します。
テニスにおける外側上顆炎の発症には、不適切なラケットの使用やプレースタイルが関わっていると考えられ、週3回以上で発症頻度が高く、特に女性ではこの傾向が大きく関係しています。

どうして起こるの?症状は?

テニス肘と呼ばれていますが、これはテニスの「ラケットを振る」「ボールを打つ」などの動作を繰り返すことで、手首を伸ばす筋肉(短撓側手根伸筋)に過度の負担がかかり、この筋肉がくっついている骨のところが痛むと考えられます。
じっとしている時は痛みはあまり感じませんが、重い物を手で持って運ぶ手首を反らすタオルを絞る重い物を片手で引っ張り上げる片手で何度も物を持ち上げたり、腕を回すような作業で発症する場合があります。30歳代から50歳代の中高年、また女性に発症しやすいといわれていることから、一度痛むと治りにくく、中高年の女性は筋力も弱くなるので、使い過ぎ以外にも、加齢などの原因も考えられます。
炎症が起こっているところは、骨にくっついている部分にごく小さな断裂が見られ、断裂した部分を修復しようとごく小さな血管や繊維組織の増加が見られます。しかし修復しようとしているにも関わらず、さらに腕を使い続けると骨に対して筋肉が引っ張られ、ストレスが繰り返し与えられることになり、一度痛むと治りにくくなってしまいます。

【診断は?どんな検査をするの?】

レントゲン検査では、通常であれば、骨そのものに異常は見られません。ただ、症状がかなり長期にわたると短撓側手根伸筋がくっついてる外側上顆部に白くもやもやした“石灰”が写ることがあります。
レントゲンの他にMRI検査を行うことがあります。短撓側手根伸筋が付着してるところで障害をおこすと、その部分が白く写ります。
疼痛誘発テストとして、肘を伸ばした状態で手首を手の甲側に持ち上げるように力を入れた時、それに逆らうように抵抗を加える検査(トムセンテスト)、椅子を持ち上げた時に肘の外側に痛みが出るかどうかを見る検査(チェアテスト)などで痛みが増すのも、その症状に特有の現象です。

痛みが長引く前に、しっかり治療しましょう!】
上腕のストレッチは症状の改善に有効です。また、肘の痛みが出てから比較的早い時期(急性期)には、いたみのある部分を冷やすと痛みが軽くなります。痛みが数ヶ月に及ぶような時期(慢性期)では、逆に温めた方が痛みを和らげる効果があり、慢性期には、筋力強化のためにトレーニングを行いましょう。急性期・また痛みが強い時は、トレーニングはしないでください。
テニスをする時は、テニスエルボーバンドを使いましょう。バンドのパッドの部分が外側上顆より2~3指下にくるように装着し、伸筋を圧迫します。圧迫する事で、骨の付着部ににかかる負荷を軽減し、症状を緩和させます。(日常の障害でも有効ですが、症状によっては効果がないこともあります)

 

最新の治療器で、衝撃波治療器(=体外衝撃波)というものがあります。
体外衝撃波とは、衝撃波を患部に集中させて治療する方法です。慢性の症状に強く、外側上顆炎の他に、肩こり、足底腱膜炎やばね指など、慢性の症状には効果があります。