ばね指(弾発指)

  • 朝、指がこわばり動かしにくい
  • 指が曲がったまま自力では戻らない
  • 曲がった指を伸ばそうとするとカクンとなる
  • パソコンやスマホをよく触る
  • 編み物や手芸など、細かい作業をよくする

 

 

ばね指は手を使う人に多い疾患で、曲がった指を無理に戻そうとすると「バネのように跳ねて戻る」ことから、ばね指(正式名称は弾発指(だんぱつし))と呼ばれています。

 

 

誰もが起こりうる「ばね指」とは?

ばね指とは使いすぎが原因で起こる「指の腱鞘炎」です。
腱鞘炎は指以外でも、肘や手首などに起こります。

 

 

ばね現象になるしくみ

指には、手を握ったりする強い力を発揮する筋肉(前腕)に伝えるための【 屈筋腱 】屈筋腱が浮き上がらないように押さえている【 靱帯性腱鞘 】があり、その中を往復するように自由に指の曲げ伸ばしができるようになっています。

しかし、何らかの原因で指の付け根あたりで屈筋腱と腱鞘の間で炎症が起こると、腱鞘部分で腱の動きがスムーズでなくなり、痛みや腫れなどが生じます。
そこから指を動かした時に「カクン」と引っかかるようになる様子を『ばね現象』といい、ばね指になります。

 

 

あなたの周りにはいませんか?

原因

●使いすぎ

指を動かす度に摩擦により炎症が進み、腱鞘が肥厚したり、腱が肥大、あるいは両方起こる場合もあります。

 

手や指をよく使う仕事や家事・スポーツでも多く見られます。

 

例えば・・・
パソコンやマウスの操作
ゴルフやテニスなど握ることが多い
楽器演奏など指を酷使する

 

男性よりも女性に多く見られ、親指(母指)・中指が特に多く、続いて薬指、他の指にも見られます。
もちろん、1ヶ所だけでなく、複数の指に現れる場合もあります。

 

その他、なりやすい人は?
●更年期の女性

女性ホルモンの関係により腱や腱鞘が弱くなり、血行不良により、ばね指になる傾向があります。

 

●妊娠出産期の女性

女性ホルモンのバランスの乱れで、更年期と同じような状態になります。

 

●関節リウマチ・糖尿病・人工透析をしている方

末端の血行不良により、起こりやすいケースがあります。

 

 

症状

◆指の曲げ伸ばしがスムーズにできない
◆指がしっかり曲がらない(握れない・グーができない)
◆指がまっすぐ伸びない(開かない・パーができない)
◆指が曲がったまま自力では戻らない
◆曲がった指を伸ばそうとすると「カクン」となる
◆起床時に指のこわばり感があり、動かしにくい
◆朝方に症状が強く、温めたり使ったりしていると軽減する
◆指の付け根に、痛み・腫れ・熱感がある

 

 

さつきが丘接骨院の治療法

【 急性症状・痛みが強い場合 】

1,電気をかけて、患部の痛みを和らげます。

2,ほぐしたりはせず、痛みを抑える治療器を使います。

3,テーピング・湿布をします。

 

【 受傷から2週間以上経過・慢性症状の場合 】

1,電気をかけて、患部の痛みを和らげます。

2,患部は押さず、周りの筋肉をほぐして負担を減らしていきます。

特に指の付け根は負担がかかり、疲労が蓄積してしまうので、少し痛いですがほぐしたり、指のストレッチをしていきます。

 

※気になって、つい患部を触ったり揉んだりしてしまいがちですが、絶対に行わないで下さい。

※カクンとなるのは、指の関節に感じますが、赤い●部分が「患部=炎症部分」です。

※この部分を揉んでしまうと、痛みが悪化してしまいます。

 

3,衝撃波治療器を提供します。

ばね指は、主に使いすぎが原因です。

なかなか治らない・慢性化してしまった場合には、「衝撃波治療器」が最適です。

痛みのある患部に振動圧で、あえて組織を微細損傷させることで、組織を回復させて痛みを改善させます。

アスリート選手でも使用している治療器です。

 

※急性症状・痛みが強い場合・2週間以上経過していないと使用できません。

※衝撃波治療器は組織を微細損傷させるため、組織回復期間も必要です。

※そのため、週1回・5回〜7回態度(個人差あり)をオススメしています。

 

ばね指でお困り・お悩みの方へ

どんなに気をつけていても、手は使ってしまいます。

治るのに個人差はありますが、根気よく治療を続けて頂ければ良くなります。

当院では「手術はしなくても治ります」とお伝えしています。

一緒に頑張りましょう。

また、万が一のために【 手専門の整形外科 】もオススメできる体制を整えていますので、ご安心してご来院下さい。