カテゴリ:お知らせ

とうとう関東も梅雨入りをしましたね!!

紫陽花もきれいに咲いています。

 

 

IMG_20180607_124059452
洗濯物が乾かない日が続きそうですね。
そして、もう1つ。
お身体に不調がある方は、雨の日が多くなるこの時期は普段より辛くなることありませんか?
人によっては、「今日は膝が痛いから雨が降る」とか「腰の調子が悪いから明日は天気が良くなさそうだ」と自分のお身体の調子で天気がわかってしまう方もいますよね?

 

 

では、

【なぜ、雨の日や梅雨時期は普段より痛みがでてしまうのか?】
雨の日は気圧が下がり、体内でヒスタミンという物質が増えます。
ヒスタミンは体に様々な影響を与えますが、「副交換神経への影響」と「血管の拡張」があります。

 

副交感神経へ影響が起こり、自律神経のバランスが乱れると気分が落ち込んだり、全身の倦怠感が発生し、痛みに敏感になります。

 

ヒスタミンが増えると関節が炎症を起こし、痛みを発生させます。
膝などの関節がすり減っている場合や、古傷等がある場合はそこが炎症してしまうため痛みが強くなります。

 

また、自律神経のバランスが崩れているところにさらに痛みが加わるため、いつも以上に不快感のある痛みになってしまいます。

 

 

では、

【この辛い時期をどのようにして、乗り越えればいいのだろうか?】
①血行を良くしましょう。
お天気が悪かったり、お身体の調子が悪いと運動はできないので、「ゆっくりお風呂に浸かること!!」
お風呂上りストレッチも血行循環が良くなるので、オススメです。

 

②しっかり睡眠を取りましょう。
睡眠を取ることで自律神経のバランスが整い、痛みを和らげることができます。

 

③ビタミンC・カルシウム・コラーゲンを摂取しましょう。
「ビタミンC」は副腎皮質ホルモンの原料として使われるので、自律神経のバランスを整え、ストレスを減らす効果があります。

 

「カルシウム」は骨を強くするだけでなく、痛覚がある神経をなだめる効果があるため痛みを和らげる事ができます。

 

「コラーゲン」は軟骨の主成分であり、すり減った関節を補強することができるので、痛みの大本を軽減することができます。

 

 

 

 

千葉市花見川区 スポーツ&ボディケア、整体、骨盤矯正、
交通事故専門治療接骨院さつきが丘接骨院
043-257-7360
【ホームページURL】

http://hone-hone.com