テニス肘

  • 肘から腕にかけて痛む
  • 重いものを持つことができない
  • 雑巾絞りやボトル開けが痛む
  • テニスのバックハンドストローク時に痛む
  • パソコンやスマホを使いすぎている

テニス肘とは

テニス肘は、主にテニスによって肘部に生じる障害のことで、「上腕骨外側上顆炎」とも言います。

テニスでバックハンドストロークで打つ方に多く発症しますが、テニスのほかに卓球バドミントンゴルフなどのスポーツやパソコン・スマートフォンの普及で手を使う作業重い物を運ぶ作業の方にも多く発症します。

スポーツ以外にも日常生活が原因で起こるため、幅広い年齢層で誰もがかかる症状で、特に40〜50歳代に多く見られます。

テニス肘の原因

肘から手にかけての「前腕」の中で、指を伸ばしたり手首を曲げる働きを持つ筋肉の「伸筋群」の特に「短期橈側手根伸筋」への過度な負担が原因で、骨についている部分に微小断裂骨膜の炎症を起こし、治りきらない状態でスポーツや仕事、家事など繰り返す作業が続き、使い過ぎによって炎症が起こり症状が発症します。

一般的にテニスのバックハンドストロークで発症する「上腕骨外側上顆」による肘の外側型の疼痛性運動障害の場合を言いますが、テニスのフォアハンドストロークの場合は肘の内側が痛くなる「上腕骨内側上顆炎」になると言われてます。

当院の治療

痛み・炎症が強い場合はまずは微弱電流で痛みをとり、アイシングをしていきます。場合によってはテーピングで固定をします。
痛み・炎症がおさまったら、肘だけではなく肩や腕、手首や指までマッサージをし、筋肉のこりをほぐしていきます。

また筋力不足・柔軟性低下や猫背も原因の一つになりますので、筋力不足・柔軟性低下の方はエクササイズで筋力向上・柔軟性向上を目指し、猫背の方はIMS整体や骨格矯正で根本改善していきます。